美容外科の治療を受ける前に【術の中身をドクターに直接聞く】

医療痩身で痩せる

看護師

それぞれの特徴を確認

スレンダーな女性が多いと言われている仙台市、食事制限や運動といったダイエットをしているという人も、少なくないようです。ただ、このような一般的なダイエットは一旦は体重や体脂肪を落とせたとしても、ダイエット自体を止めてしまうとリバウンドしてしまうケースも少なくありません。ダイエットが成功しない・リバウンドを繰り返してしまう・・という人は仙台市にある美容外科クリニックで、医療痩身にチャレンジしてみてはいかがでしょう。美容外科クリニックでは主に脂肪を吸引して細くする脂肪吸引、脂肪を溶かす作用のある脂肪溶解注射と言った治療で、医療痩身を行っています。医療痩身は効果・効能が認められた美容整形・美容医療ですので、ダイエット効果はとても高く理想的なボディラインへと導くことが可能です。即効性のある施術で痩せたいという人は脂肪吸引という、メスを使う医療痩身を選んでみてはいかがでしょう。脂肪吸引はカニューレという細い管を脂肪が気になる部分に挿入し、機械の力で吸い出すことで部分痩せを発揮する医療痩身です。1回に吸引できる脂肪の量は約3000?程度と言われており、二の腕やお腹、お尻など様々な部位に施術を行えます。しかも脂肪吸引は脂肪細胞の数自体を減らすことができるため、施術後はリバウンドしにくい体質に変化するというメリットがあります。もう1つの医療痩身、脂肪溶解注射は脂肪を溶かす作用のある薬剤を注入して、その部分を細くするという医療痩身です。脂肪が溶けて老廃物として体外に排出されるまでに、ある程度の時間はかかりますが身体にメスを入れずに部分痩せできるというメリットがあります。仙台市内にある美容外科クリニックであれば、そのほとんどで医療痩身となる脂肪吸引・脂肪溶解注射の施術を行っています。脂肪吸引と脂肪溶解注射はそれぞれ施術の特徴が異なるため、その特徴を把握して自分に合った施術法を選ぶと良いでしょう。例えば、お腹周りや太ももといった脂肪の量が多い部分を医療痩身で細くしたいという場合は、脂肪の吸引量が多い脂肪吸引がおすすめです。また仙台市内の美容外科クリニックの中には脂肪吸引で、取り除いた脂肪をバストに注入するという豊胸手術を行っている所もあるようです。もし、自分の脂肪でバストアップをしたいと考えているのであれば、脂肪溶解注射ではなく脂肪吸引をチョイスしてみると良いでしょう。一方、脂肪溶解注射が向いているのは顔の脂肪や二の腕など、施術範囲が狭い部分を細くしたいと考えている人です。脂肪溶解注射の場合、即効性は無いものの施術部位は自然と細くなっていくため、目立つ部分の施術にも向いています。場合によっては脂肪吸引と脂肪溶解注射の合わせ技を行い、より自分が理想とするボディラインを目指す人も少なくありません。最初は脂肪を除去する効果の高い脂肪吸引を行い、その後のメンテナンスという形で脂肪溶解注射を活用し、ボディラインを整えて行くのです。メスを使う脂肪吸引を何度も繰り返し受けてしまうと、体への負担も心配しなくてはいけませんが、脂肪溶解注射と組みわせることで負担を軽減できます。ドクターとしっかり話し合い自分に合った治療法を選ぶということが、医療痩身を成功させる秘訣と言えるでしょう。